ミル、インターナショナルプリスクール入園までのいきさつ『保育園強制卒園編』

保育園からのお知らせに驚くママ英語保育園

託児所から企業主導型保育園に転園

ミルは1歳半くらいの頃から認可外保育園に入園していました。
まぁ保育園といっても、普通の一軒家のようなところで、一時預かりの託児所に近い感じでした。
週3回、慣れるのに少し時間がかかるミルは、託児所に行くたびに大泣きでした。

そして3・4ヶ月後、本格的に復職を考え、企業主導型保育園に転園を決めました

園(託児所)自体が少しミルには合っていないかなということもありましたが、金額(保育料)面も大きかったかもしれません。
託児所:60,000円/月 程度
企業主導型保育園:15,000円/月 程度
自転車で行ける距離から、車で20分くらいの距離とだいぶ遠くはなりましたが、ガソリン代を考えてもだいぶ安くなるので家計的にも大助かりでした。

市外まで行くので少し遠くはなったけど、出来て日が浅くとてもきれいだし、先生たちもニコニコですごく楽しそうだし、保育料もかなり安くなるし、いいこと尽くめでした♪

ミル、楽しく保育園に通う

ほんとにはじめの頃の朝は、それはもうこの世の終わりかのように泣き叫び、必死の形相で「嫌だ!」と訴え、こっちの腕が痛くなるほどの握力でしがみついて離れず、終いには先生に力づくで引っ剥がされる有様でした(汗)。

ママももちろん、かわいそうという思いはありましたが、そこはライオンが子を崖から落とす思いでぐっとこらえ、毎朝泣く泣くバイバイしていました。

でも、お迎えの頃にはケロッと遊んでいて、先生からも「30分くらいで泣き止んで遊んでましたよー♪」と聞くと一安心(笑)。でも翌朝は同じように大泣き。そんな繰り返し(笑)。

1ヶ月も立つ頃にはだんだん『ここは楽しいところ』とわかってきたのか、朝笑顔でバイバイしてくれることも増えてきました。

着いたらすぐに遊び始め、ママが「バイバーイ♪」と言っても、遊びながら背中越しで「ばいばーい」とされる日も(汗)。少し寂しくもあり、嬉しくもあり(笑)。

保育園から突然のお知らせ

ミルもすっかり保育園に馴染み、お友達もでき、ママも完全に仕事に復帰して、日々忙しいながらもその日常を楽しんでいました。

入園当初は『3歳児クラス(年少さん)になったら市内の認可保育園に移ろうか』と考えていましたが、『せっかくお友達も出来たのにまた転園はかわいそうかな。このまま年長さんまでこの保育園にいてもいいかもな』と思い始めていた頃(入園から1年くらいかな)、保育園からのお手紙であるお知らせがありました。。。

保育園からのお知らせ

来年度から、0~2歳児の保育園に変わります。

ママ
ママ

・・・ん?

、、あれ?ドライアイかな、文字がかすんで見える。。。
もう一度よく読んでみよう。。

保育園からのお知らせ

来年度から、0~2歳児の保育園に変わります。

保育園からのお知らせに驚くママ

何度読んでもそう書いてあります。
ちょっとすぐには理解できなかったので、園に直接聞いてみたりもしました。

何ということでしょう、やはり、
『ミルは次の3月で卒園させられる』ってことだったのです!

保育園を探さなければ!

手紙をもらったのは10月頃。ということはこの保育園に通えるのは来年3月末までの、残り6ヶ月程度

ママ
ママ

遅くない??!
お知らせするの遅いよね?!?!

ていうかこんなのありなんですかね?!
もちろん入園時に頂いた契約書には、0歳~6歳までの保育園ということで書いてありますよ。
それをこんなに急に、『来年度からは預かれません』って。。。せめて一年以上前には言うべきじゃないですか?

  • というか、新規入園者には「2歳児まで」と契約して、既存の児童は当初通り「6歳まで」、とするのが普通なんじゃないですかね?
  • 認可保育園ではなく、企業主導型の認可外保育園だからそのあたりは自由ってこと?
  • そうなんだとしても通知が半年前ってどうなんですかね?
  • もう仕事フルタイムで復帰してるよ?新しい保育園見つかんなかったらどうすんの?

しばらくは、このような園に対してのいろいろな文句が頭を何回もよぎりましたが、もうそれは一旦置いといて先にやるべきことがある。。。

「とにかく保育園を探さないと!!!」

こうして3度目の保育園探しが始まるのでした。

ママ
ママ

ミル、ごめんよ。また転園だわ。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました